忍者ブログ
                    みょーじょーにげんがいろん。見るだけでお通じが良くなる快便ブログ。格ゲー、創作、日々の雑事に日本を憂う。そんな素敵なエブリデイサイト。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フェイロンのベガ戦を考える。 キヨになかなか負けれたので対策でもしよう。

まず、個人的ダイヤは4:6。逃げる手段の豊富さでフェイの強味の転身連携が通じないこと。それと刺し合いでの相性の悪さがその理由。立ち回りで3:7、火力差で見て4:6かな。現存のウィキダイヤでも4:6みたいだね。

刺し合いで振る技は、フェイロンは烈火、遠強P、屈強P、屈中P、中足、セビ。 ベガ側はよくわからんが、遠中P、遠強K、遠中K、中足、サイコ、ダブニーくらいかな? それぞれの振り方を考えよう。

・烈火拳
中強烈火は通常の間合いの外から刺せるのが利点。だが2段目を弱でフォローしても中足や遠強Kで反確なので精神的に強いときに打つべき。どうせ強気ならディレイ烈火でもいいだろう。どうせベガ火力ないしね。弱は刺し合いには基本使わない。

・裂空脚
たまには神風。

・遠強P
基本これを振れる中間距離は屈強PでオールOKだが、威力と発生が屈強Kより優秀なのでフェイの中足でお互いスカった後などに使ってもいい。

・屈強P
最もリーチがある。判定も強め。ベガの中足、ダブニー、遠強Kに勝てる。と、ウィキにはあるが、どれもフェイロンよりリーチがあるのでそこまで強気には振れなかった。まあ要練習かな。

・屈中P
リーチはないが有利な展開作りができる。当たり判定が何故か上にもっこりしてるのでよくベガの遠強Kに引っかかる。

・中足
ベガ戦最重要技。遠強K、中足に勝てる。ダブニーに負ける。刺し合いでは狂ったように振っていいかもしれない。てかリスクない選択がこれくらいしかないな。

・セビ
普通に強い。相手の牽制に合わせたり、2をガードさせて択にいったり。ダブニーが1発しか当たらない間合いを把握できればもっといいが、要練習。



対空を考える。分かりやすい表飛びは全部熾炎で落ちるが、刺し合いの距離、つまりベガの遠強Kの当たるか当たらないかの距離で飛び込まれるとなかなか選択に困る。
その距離だと熾炎は両対応でもスカるので出してはいけない。選択肢としては、空対空、中足、前ステ、セビ。
反応できれば空対空がそりゃあベストだが、状況によって使い分けるべき。
中足はエビゾリ以外に勝てる。つまりエビゾリに負ける。それ以外は、まあ状況次第で。
烈火裂空を警戒されるとベガ側は垂直が増える。遠強Kで全落ちするが、たまに相打つ。完璧に見えれば前ステ熾炎で。



細かいところ。ヘップレ系は中足ですかし最大。ホバリングはワンチャン前ステ強烈火で刺しにいくこともできる。

フェイのJ中Pはタイミング次第でベガの対空を潰せるが、別に飛びが通っても大して展開は良くならない。体力負けしてるときくらいか。

弱ダブニーガードしたらひたすら小足をこすりたい。状況5分なのでより正確に小足をこすれた方が勝ち。

画面端は近強P>強裂空で裏周りとか。

あ、あとホシ式も有効。これ大事。




全体的に無理に起き攻めに行かない立ち回りが大事だという感触だしウィキにもそう書いてあるが、フェイロンは一応ベガの逃げEXデビリバ以外の択にリスクを負わせられる(先読み入ればEXデビリバにも)。個人的には火力差を押し付けるやり方がより勝てると思うね。何より楽しいし。お互い攻めと守りでどれだけ好き勝手できるかって感じかな。終わり。

拍手

PR
ガイルが楽しすぎる。いつの間にか体が溜めキャラになってたんだなぁ。プリン体的な。ガイル体。

今までは難易度とコンボの減りが釣り合ってなかったけれど、今作ではお釣りにのしが付くくらい減るね。
たぶん最大である近強P>スパコン>ウルコン1(J攻撃からじゃない方が減る)で715ダメですよ?やばくね?
セスにほぼ10割体力差あっても殺せるよこれ。

他キャラに対してもスパコンの確反で600くらい持って行けるし、かなり強い。個人的には相手が白ゲージ溜めてても無視してソニック撃ちまくるべき。ゲージ溜まりやすいし。

あと飛びからならJ強K>近強P>弱ソニ>屈弱P>屈中P>強ソニ>裏拳が350程度でノーゲージ最大かな?結構簡単。
でも基本コンボと大差無いので無双3段でもいいと思う。強サマソ当てた後の距離が気持ち悪くて嫌いな人は裏拳〆とか。

あとソニハリ確反ちょっと調べたけど、本田の頭突きに対しては中と強しか出来なかった。中に至っては立ガ限定。飛び道具判定が伸びるまで数フレかかるんだね。うぜぇ。ソニハリあんまり好きになれんな。



今日ツイッターでハネ〇マさんが春麗の対ガイルガー不を書いてたけれど、自分もちょっと前に偶然気付いて『あ、これやべー』と思ってました。今のところガイル有利らしいけど、これからどうなるかな。というかこのゲーム、ガー不多くね?ガイル不遇だったらどうしよう。終わり。

拍手

いくつかネタ。とりあえずメモです。



・J中PorJ中Kでの表裏択

完全に見えない強力2択。昇竜も(たぶん)スカせるので投げからのセットプレイに。
個人的にはこれから近中P→大足と繋いでループに行く構想。これぞホシ式…げふんげふん!



・ガードさせ小技キャンセルEX転身

3Fに割り込まれない。強いことは強いが、小技がヒットしてると転身が入らないのが困り者。2択からだと確認し辛いんだよねぇ。



・前投げ→すかし前J強K→転身

起き上がりにビタで割り込まれない。アドンなんかの早起き組には効かない。



・烈火拳2段止め→前ステ→転身

ただのダブルアップネタだが実用的。意外と見えない。



・近強P→強裂空脚
キャラ次第で綺麗に裂空脚がめくりで当たる。まず見えない。
当たっても反確あるのでトドメにでも。



こんなかんじで。

拍手

なんだかんだでフェイロンに落ち着きました。やっぱレアキャラ使ってるのが自分らしいかもしれない。レミー紅丸には愛があったけど別にガイルには思い入れなかったしね。ぐだぐだしたけど決定稿です。


んで使うからには調査。まだムックが無いのでチラ裏ですが、気付いたこと面白いことをちらほら箇条で書いてみます。(後で見直したらほんとにチラ裏だな)

・ウルコンについて
捨てたもんじゃない。糞味噌言われてるフェイのウルコンですが自分は嫌いじゃないです。1は他のキャラだったら確かにただの糞だけれど、フェイロンは飛びやセットプレイ、セビがやたら強いので、生でぶち込むポイントは非常に多いです。
2は暗転→受け身判定という流れは微妙ですが、めくりブッパリバサ昇竜削り詐欺飛び何でも取れて、読み合いが深くなればなるほど使い勝手が増すでしょう。ミゾボンなんかの一部セットプレイもノーリスクで返せますし。

・烈火拳いろいろ
烈火拳を相手が飛んでたりして反撃貰いますが、続けて2発目とか出して逃げると面白い。シュール。
バクステ見てから狩ったりもいいし、本田の頭突きに全方位反撃なのもいい。細かいフレームがわかればガンガン振っていきたい。サマソもそうだったけどフレームを突き詰めた反撃ってのは非常に見目が良くて大好きです。

・キャラ相性私見
なんというか、完全に私見ですが、『甘えて勝つ』キャラに強いんじゃないかと。
烈火拳で甘えた突進技や通常技を狩り、紫炎脚で甘えた飛びを狩り、裂空脚で甘えた連携を狩り、転身で甘えた投げ抜けや小技を狩る、と。
一見フェイも甘えキャラに見えるけど目押しや間合い、フレーム管理が難しい玄人向けキャラです。多分。
その反撃精度から本田、キャミィ、ブランカ、フォルテ、コーディ、ホークなんかに結構優位に立ち回れるんじゃないかと考えています。
逆に全体的に隙の少ないリュウ、春麗、ガイル、サガット、アドン、ベガ、まこと、セスなんかは苦手そうです(自分はまことを高く評価してます)。



こんな感じで。いや楽しいね。ガイル使ってた頃は完全に無機物の心境だったけどフェイは情熱的に動かせてます。ムックの到着を待ちつつ妄想を続けたいと思います。

拍手

さて、書くとつぶやいたからには本気で書かねばなるまい。最近こっちの更新を全然してなかったからいいリハビリですな。じゃあネタの説明から始めましょうか。端的に言うと、

特定のキャラの特定のダウン状態をニーバズーカで裏回ることができる

というもの。若干回りくどいようですが、こう書くしかない。そもそもこのネタ、約1年ほど前に自分が偶然見つけたんですが、したらばに書いても数レスで終わってしまったんですね。他の検証勢は調べてたくれてたみたいだけど自分はスト4の家庭用環境ないから精査できなかったと。んで、特定のキャラというのが

・春麗
・クリムゾン・ヴァイパー


の御両人のみ。アケでは、です。そこらへんにこのネタの可能性を感じます。おそらく単純にダウン時の高さ判定が低いんでしょう(もしくは幅が狭いか。ここらへん知りたい)。


ここまでは、自分が発見した1年前の情報。そして自分が今日見つけて去年の9月には掲示板に書かれてた私の顔が真っ赤になるネタってのが、

大足初段>SC>前ステ>ニーバズーカ

で上記2キャラに裏回れる、というもの。これをもしやと思って試して成功した時の喜びったら思わず確認もせずにツイッターに書きこむレベルだったよチクショウ。なんでこんなのに気付かなかったんだろうなぁ。なんか盲点だった。

これは円滑に行えば小足から確認サマソまでいけるので十分に選択肢の一つかと。TCも重ねられる?最速まわりならF数はけっこう簡単にわかりそう。

裏周りまでいける技一覧はしたらばから引用させてもらいましょう。

大足セビ、サマー後受身とらず、SC、ウルコン後、画面端に後ろ投げ
の後に狙える。空投げ後はなぜか無理


だそうです。まあ、こういうネタがあるよ、っていう説明でした。



そしてここからが自分の疑問。自分も試したのですが後ろ空投げ後は確かに無理でした。さらに、自分の記憶違いでなければセビ崩れダウンも無理でした。そこで帰ってからいろいろと動画を探して、キャラのダウン状態を確認してみましたよ。


~ガイルダウン状態移行技一覧

・大足>仰向け・足向け

セビ崩れ>うつ伏せ・頭向け

・ソニック空中喰らい>仰向け・足向け

・サマソ>仰向け・足向け

・ウルコン>仰向け・足向け

・スパコン>仰向け・足向け

前投げ>うつ伏せ・頭向け

・後ろ投げ>仰向け・頭向け

・空中前投げ>仰向け・足向け

空中後ろ投げ>うつ伏せ・頭向け

赤字はうつ伏せダウンになる技


見ての通り、なんとニーバズーカで裏周りできると思われる技の全てが仰向けダウン、無理と思われる技の全てがうつ伏せダウンでした。前投げはフレーム的に間に合いません。

この結果だけでは材料不足ですが、これから自分はスト4のダウン状態には何かしらの属性か、もしくは高低差などの差別化が図られているのでは、という疑問を得ました(最近のダルスレでもうつ伏せダウンの変化の話があるようです)。

追記:以前から「うつ伏せにめくりを重ねるとリバサできない?」といったことは語られていましたが、ダウン時の判定サイズについては言及されていなかったので書かせて貰いました。

まあそうは言っても家庭用のない自分にはここまでなんですけどね。『裏周りできない理由』っぽいものを何となく見つけたよ、っていう話でした。終わり。

拍手



妙星二元概論
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
≪今日は何の日≫
≪ついったー≫
最新コメント
[10/18 トリーバーチ ハワイ]
[09/02 ★]
[09/02 kiyomondo]
[03/13 名無しですが質問です]
[12/29 ★]
プロフィール
HN:
明星(ホシ、★)
性別:
男性
職業:
見習い戦士
趣味:
ひっそりと創作しております。
自己紹介:
格ゲーが好きなモダンボーイ。最近忙しいらしい。カフェイン中毒でもあるらしい。

≪好きなゲーム≫
2D格闘ゲーム全般をメインに何でもやります。でもギャルゲーは苦手です(こっぱずかしくて布団でゴロゴロするため)。
・カプコンVS.SNK2
・ストリートファイターⅢ3rd
・ストリートファイターⅣ
・マーベルVS.カプコン2
・ストリートファイターEX2
・燃えろジャスティス学園
・月華の剣士1,2
・ギルティギア青リロ
・ランブルフィッシュ
・烈火の炎THE GAME
・女神転生Ⅲ
・葛葉ライドウ対超力兵団
・FFT
・FFⅨ
・聖剣伝説2
・ドラクエⅥ
・MOTHER2
・ポケモン系
・幻想水滸伝Ⅲ
・次世代ベーゴマベイブレード
・MHP2G
・SIREN
・MICHIGAN
・ICO
・ワンダと巨像
・lain
・弟切草
・かまいたちの夜1,2
・ひぐらし

≪好きな漫画家・絵描き≫
・安倍吉俊
・ますむらひろし
・荒木飛呂彦
・宮崎駿
・あずまきよひこ
・平野耕太
・和月伸宏
・武井宏之
・川原正敏
・森薫
・士郎正宗
・金子一馬
・冬目景
・緑川ゆき
・彩花みん
・うすた京介
・真斗
・藤田和日郎
・山下和美
・吉田戦車

≪好きな小説≫
いろいろ。古典文学が好きです。ラノベも読むよ。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析